にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ぐーちみずにっぽー

アラフィフ主婦です。日々の出来事を綴ってます。忙しいあなたのためのショートブログです。いつもありがとうございます( ・∇・)

鬼サブレの見た目と味の落差がたまらない〜

今日も寒かったですね。

午前中は保育所さんの修了写真撮影がありました。

ここの保育所さんは年に一度だけこの写真を撮影にきています。

年に一度なので所長先生の顔も変わっていました。

新しい所長先生はまだお若い時からいろいろ撮影でお世話になり、わたしにとってとてもいい印象のある先生でした。

このたび所長先生になられたので旦那と共に「おめでとうございます〜」と挨拶しました。

すると「ありがとうございます。」と、とてもうれしそうでした。

ちょうど撮影の時間帯あたりが雪が舞い始めとても寒くなりました。

年長組さんがそろうまでの間、撮影場所の遊戯室を暖めておいてくれたり、温かいコーヒーを出してくれたりとその所長先生ならではの心遣いが感じられました。

特にコロナ以降はそういう気遣いはだんだんタイトになってる現状ですが・・

そんな中であってもやはりうれしいものです。

コーヒーと一緒に出していただいたクッキーも美味しそう💕

その名も「鬼サブレ」だそうです。

群馬県藤岡市銘菓「鬼サブレ」とは・・(゚∀゚)

鬼瓦は和室建築物の棟の端などに設置される瓦で、厄除けや装飾を目的としています。

その鬼瓦を模した最中の皮にサブレを詰めて創作しました。

バター風味の香ばしい「鬼サブレ」をご賞味ください。

だそうです。↑( ^ω^ )

サブレとかクッキーとか洋風イメージがありますが包みも和風で鬼の顔がインパクトがあります。

食べてる時間が無くてお土産に持って帰りました。

早速、3時のお茶にコーヒーと共にいただきました。

群馬県藤岡市銘菓「鬼サブレ」です。

鬼瓦の顔の部分はソフトクリームの甘いコーンのようなお味。

その裏をサクサクのバターサブレがベースになっています。

今流行りの華やかなラッピングではないです。

ですが、地味辛風貌のサブレを食べてみると・・・

見た目で判断してゴメンm(_ _)m💦というほど一変する美味しさだったのです。

(´⊙ω⊙`)ヽ(*^ω^*)ノ

鬼瓦とサブレという組み合わせなのでかたいものをイメージしてマシタ。

これが全然違う。

一口食べると最中の塩味とサブレの甘味が相まってサクサク感がハンパありません。

クッキーベースのソフトラスクって感じであまり食べたことがない食感です。

多分食べた方がアレっとリアクションされると思います。

その落差も美味しさの一つだし、出してくれた人も無言でうなずき

「でしょう〜( ◠‿◠ )」となるかなと。

この見た目は地味だけど、食べると美味しくてビックリ系に弱いわたしです。

この藤岡近くの玉村町にも地味でびっくり銘菓がありました。

それは「玉村物語」です。

銘菓「玉村物語」です。(食べログさんから画像お借りしました。m(_ _)m)

あまりに美味しいのでリピ買いに行ったらもう販売はしていませんでした。

(-.-;)y-~~~

このお菓子も見た目と味の落差がたまらない銘菓でした〜💕

今回美味しいものを教えてくれた所長先生に感謝です。

50代後半から健康のため甘いものを控え目にしています。

ですがおすすめされたものは喜んでいただいています。

その方の思考や生活スタイルも垣間見れるので興味があります。

それが自分の好みと同じだったらうれしいし、ちょっと違っていてもそれは見聞が広がるのでまたうれし( ^ω^ )です。

そんな感じで美味しいものの引き出しが増えると楽しいです。

ヽ(*^ω^*)ノ(おしまい)

 

このブログはアフィリエイトリンクを設定しております。

 

ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと押していただけるとうれしいです。 「左下のバナー」も押していただけるととても励みになります。 よろしくお願いいたします。m(__)m